ノワール ケイ ニノミヤ 2018年春夏コレクション – 控えめな登場は黒の個性を際立たせる

ノワール ケイ ニノミヤ
ノワール ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)が、フランス・パリで発表した2018年春夏コレクション。

今シーズン、ノワール ケイ ニノミヤが挑むのは、黒の使用を控え黒を際立たせるという実験的なアプローチだ。シーズンコンセプトの波を受け、出来上がったコレクションピースはホワイトが基調。PVCやオーガンザなどシアーな素材を使い、明るく透明感のある雰囲気を作り上げた。

ショーの序盤を飾ったドレスはオーガンザを使用したもの。ホワイトのオーガンザにはプリーツ加工を施しパーツをつなげて動きのあるシルエットを完成させた。黒の使用は縁取りのみ。房状のパーツはふわふわ、ゆらゆらと波打つように揺れ動き、白の中に浮かび上がる黒の強さを際立たせる。

これまでレザーで提案されてきたライダースジャケットは、今季クリアなPVC素材で生まれ変わる。ボディはツヤツヤとし涼しげな佇まい。ドレス同様にフレーム部分だけ登場するブラックが、洋服そのものの存在感を強める。

シーズンを通して象徴的に取り入れられたのはハーネス。レースやレザー素材で仕上げた格子状のアクセサリーがボディ全体を包み込むように、ドレスの上にニットの上に、そしてコートの上に重ねられる。

ラストにかけてはハーネスの形状が変化。くるくると巻きつけリボン一つ一つを渦状にし、細かなパーツを胸元で集結させた。その見た目は花束のよう。ふわっと咲き誇るハーネスのフラワーが、花模様のコートと交わり華やかなスタイルを演出している。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です